年齢に適した転職サイトの選別

 

フリーターから正社員になるJAIC(ジェイック)なら就職した企業への定着率、満足度94.3%

 

可能性が見えてくる
【必読の一覧表】
>>年齢で選ぶ転職エージェント5選<<

20代の早期退職体験談

私は就職活動をせずに大学を卒業したのでいわゆる既卒からの社会人スタートでした。

既卒の就職活動は実際のところ、なかなかしんどいです。

既卒で入社後も3ヶ月で退職。

あまりにも早い、早期退職でした。

 

20代のうちはつきまとう卒業後のブランク。

そして、早すぎる退職履歴。

 

その後の就職活動も楽ではありませんでした。

 

なんだかんだで2度目の転職で長く勤めることができる会社と出会いました。

 

しかし、30代後半になり、その会社が売却され役職者の行き場はなくなり、、。

40代直前で転職することに。

 

20代で転職に苦労したのに30代後半でまた転職なんて、、。

 

そう思っていたのですが、時代が変わっていました。

 

10年前と違って、

今は転職サポートがあるので職歴がある分転職が簡単にできる時代になっていました。

以下のような転職エージェントという支援サービスを使うことで30代40代でも転職がスムーズに行える時代になっているんです。

年齢で選ぶ登録すべき転職エージェント

こちらの一覧表は20代〜40代で年代別にマッチする転職サイトの一覧表です。

JAIC マイナビ
エージェント
リクナビ リクルート
エージェント
ビズリーチ
適正年齢 20代向け
20代から30代
20代から40代
20代から40代
40代50代向け
現状 転職
第二新卒、フリーター
転職
キャリアアップ
転職
キャリアアップ、離職中
転職
キャリアアップ
転職
キャリアアップ
スカウト 全国対応
星5個
全国対応
星5個
全国対応
星35個
全国対応
星5個
全国対応
星45個
利用料金 無料 無料 無料 無料 有料
詳細 フリーター既卒の就職に第二新卒の転職支援を得意とするエージェント。まずは専門のエージェントと面談から始まるので次が決まりやすい 同業転職を目指す人にはいい。就職できるまでエージェントと二人三脚、間違った就職にならないよう徹底サポートが魅力。女性にも人気 自分で探して申し込むタイプの転職サイト。非常に多くの案件を扱っているが書類審査を通過するのが難しいケースも 未経験歓迎案件も多く具体的なスキルを提示できれば良案件多数。案件の多さでは最大級。30代40代の転職エージェントでは定番 30代から40代で年収700万円以上の実績がある管理者や技術者の移籍をサポートするのが得意。年収実績さえあれば、、。
良い時期 年中良い 2月、3月、4月 年間を通して良い 年間を通して良い 2月、3月
公式HP 公式HP 公式HP 公式HP 公式HP 公式HP

 

社会経験があるのに将来が不安

永年勤続という言葉がなくなり我々が知っておくべき現代の常識があります。2015年以降の採用環境では社会経験のある方が転職、再就職する際はソロで転職サイトから案件探すよりも民間の就職サポートを経由した補佐付きの応募が圧倒的に有利になっています。

今の時代、少しでも社会経験がある方には転職エージェントという転職、再就職に強い民間サポートを使わなければ損です。待遇に違いが出ます。

オススメの転職サポートはリクルートエージェントです。無料で使えます。

転職にはエージェントを使う

このリクルートエージェントは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手です。求人サイトのリクナビNEXT等の一般転職サイトには掲載されてない個別の能力に合わせた非公開求人を多く取り扱ってます。職務経験にもとづいて未経験の職種でも活躍できることがあります。

希望する年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのでハローワークや求人サイトで納得の行く給料や待遇の仕事を探せない方には特におすすめできます。

待遇を優先した勤務先を探すためには専属のエージェントによるサポートが非常に有効で面接で有利に働きます。書類作成から面接での受け答えまでサポートしてくれます。エージェントのサポートを貰える人は優遇されます。今はそういう時代です。

また、求人募集内容は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません

また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、社会経験がある方の場合エージェントを利用することで思わぬ好条件高待遇の求人と出会えることがあります。

リクルートエージェントの使い方

登録は無料です。登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、求める待遇の案件が見つかり次第、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

リクルートエージェント 公式サイトはこちら

あなたの経験を理解してくれる就業先、人生の幅が広がる求人は必ずここにあります。

 

40代の転職・再就職事情

40代50代で言えることですが、ヘッドハンティングの対象となるような専門性、業界内での実績があるなど一部の方を除くと、40代50代の転職は20代、30代の転職と比較すると厳しい現実があるのは確かです。

なぜなら、職務能力が同等であれば、年齢が低いほど企業は給与の条件面で採用がしやすく、適応力やポテンシャルが高いと考えられる20代、30代を採用することが多いためです。

一方でニーズは少ないですが、経験豊富な40代を、即戦力として迎えたいと考える企業もあります。特に社歴が浅い企業や中小企業、新規プロジェクトを短期間で立ち上げたい企業などは、実践力のある人材が不足しているため、すぐに活躍できる人材を求める傾向が強いです。

また管理部門を強化する場合、経験豊富な人材を採用したいと考える企業もあります。

ですから、「40代だから転職は厳しい」ではなく、「即戦力として活躍できる世代」と考える企業との接触が40代での転職成功への鍵となってきます。

40代の転職希望者がつまずく原因とは?

「40代の転職が厳しい」と言われる理由として、40代の転職希望者がつまずきやすいポイントがいくつかあります。しかしそれらは、自分の考え方やアピールの仕方を変えることで克服できることが多いのです。

「年齢が高いから無理」と固定概念にとらわれている

40代の転職希望者は、数社不採用になると「年齢が高いからうまくいかない」と考え、転職・再就職活動を簡単にあきらめてしまう傾向があります。このような方は、年齢を気にするあまり「どうせダメだろう」という先入観が先走り、応募企業で発揮できる能力を十分にアピールできていない可能性が高いです。

しかし企業は、年齢以上に「自社が求めている人材とのマッチング」を見極めています。もちろん年齢的な給与のテーブル、ポストの問題などもありますが、応募企業が求めるスキルや経験を踏まえたうえで、積極的なアピールを心掛けてください。

過去の経歴や実績にこだわっている

これまでのプライドが邪魔をして、転職・再就職がうまくいかない方もいます。例えば「前職が大企業だった」「年収が高かった」、あるいは「部下が大勢いた」というプライド意識が採用担当者に伝わり、なかなか採用に至らないのです。

環境が変われば新人としてイチからスタートする位の気持ちが必要です。また、前職が大企業だからといって、同等規模の企業に転職・再就職できるとは限りません。むしろ大企業で培った経験や人脈を中小企業で生かしていく姿勢で臨んでください。

年収ダウンを恐れている

もちろん生活のうえで年収は大切なポイントですが、初任給や初年度年収へのこだわりが強いため採用に至らないこともあります。40代では、転職・再就職時に年収が下がることもありますが、入社後活躍する人材になれば、昇給、昇格のチャンスは十分あります。

これまでの年収は、前職で築き上げてきた実績です。転職・再就職先企業では何も実績がないことを考えれば、一時的な年収ダウンも想定して活動する必要があるかもしれません。

 

45歳までの転職体験談

42歳、噂の転職サイトでスカウトを受けた「ヘッドハンティングされた理由」

 

≪ 前へ12
1 / 2 ページ
可能性が見えてくる
【必読の一覧表】
>>年齢で選ぶ転職エージェント5選<<