1. ホーム
  2. NEWS
  3. ≫あと10年で消えていく仕事17職種2026年を日本に当てはめてみるとヤバイ人

あと10年で消えていく仕事17職種2026年を日本に当てはめてみるとヤバイ人

最近気になる将来なくなる職種、将来AIに取って代わられる仕事。

そんな無くなると予想される仕事の職種が米国でまたまた集計されました。

アメリカ労働統計局(BLS)の予測では、2026年までに就業者数が最低でも20%減少する仕事が17個、存在する。2016年と比較すると、合計約16万2000人分の仕事が消える見通しだ。

元ネタはこちら

https://www.businessinsider.jp/post-106747

さらに元ネタ(US)

http://www.businessinsider.com/jobs-quickly-disappearing-in-the-us-2017-10/#17-hand-grinding-and-polishing-workers-1

 

17種の職種は米国での見通しなのでそのまま日本にあてはめると「ん?」となるものも多いです。

 

しかし、米国に従って成長してきた日本経済ですので、調査結果を眺めると当てはまる部分もあるので、それぞれの職種で近い将来なくなる米国の仕事と今の日本を照らし合わせて様子を伺っていこうと思います。

ちなみに、10年後でも安心とされる職種もあります。

21の最も無くなりにくい職業はこれらです。(英語)

http://www.businessinsider.com/best-jobs-future-growth/#21-farmers-ranchers-and-other-agricultural-managers-1

全体的にこの職種において現状から20%の人が減るという予測です。

10年後に無くなる仕事という表現は乱暴ですが、5人に一人は仕事をなくすと考えると無視出来ない調査と思えます。

以下、

≪ 前へ1234
1 / 4 ページ
可能性が見えてくる
【必読の一覧表】
>>年齢で選ぶ転職エージェント5選<<

何か共感いただけましたらご周囲の方へお知らせください