1. ホーム
  2. NEWS
  3. ≫あと10年で消えていく仕事17職種2026年を日本に当てはめてみるとヤバイ人

あと10年で消えていく仕事17職種2026年を日本に当てはめてみるとヤバイ人

10位 電話オペレーター

減少率:22.6%
収入の中央値:3万7000ドル(約420万円)
2016年の就業人数:9100人
2026年の就業人数:7000人

アルファベット順、地理的、またはその他のディレクトリにアクセスして情報を提供します。

VDNなど自動応答装置の発展によって電話オペレーターの仕事は年々減少するように思えますが、一方手高齢化が激しく進む日本。電話応対の丁寧さによって売上が大きく変わるサービスも多く、どちらかというと今後この職種の人口が増えるのではないでしょうか。30年後となるとまた違うでしょうが10年後であれば増える職業と考えてもおかしくない職種。

9位 コンピューターオペレーター

減少率:22.9%
収入の中央値:4万2270ドル(約480万円)
2016年の就業人数:5万1500
2026年の就業人数:3万9700

電子コンピュータおよび周辺電子データ処理装置を監視し、制御して、操作指示に従ってビジネス、科学、工学および他のデータを処理する。

彼らは、電子コンピュータおよび周辺電子データ処理装置を監視し、制御して、操作指示に従ってビジネス、科学、工学および他のデータを処理する。

この職種がどういう仕事か?日本では具体的にイメージしにくいです。元記事の内容からはイメージしにくいですが先に上げた電話オペレーターのような職種とかぶっているようにも思えます。サーバーエンジニアのような仕事を示すのであれば逆に就労人口は不足してるようにも思えます。

 

8位 鋳物職人

減少率:23.4%
収入の中央値:3万6180ドル(約410万円)
2016年の就業人数:8400人
2026年の就業人数:6500人

鋳造物またはインゴットを製造するための鋳型への溶融金属の流れを注ぎ、調節する手で制御された機構を操作する。

中小企業でも大規模製造業でも携わる仕事。

製造業全般で機械化が進むということでしょうか。

7位 鋳型職人

減少率:24.0%
収入の中央値:3万4790ドル(約400万円)
2016年の就業人数:1万2500人
2026年の就業人数:9500人

ファウンダリの金属鋳物の製造に使用されるワックスまたは砂のコアまたは鋳型を作製または形成する。

鋳物職人同様。

 

6位 自動車修理工

減少率:25.2%
収入の中央値:3万2220ドル(約370万円)
2016年の就業人数:1万2100人
2026年の就業人数:9000人

自動車の通信、サウンド、セキュリティ、またはナビゲーション機器をインストール、診断、修理します。

日本ではこの20年ほどで大幅に減っていいる仕事。

中古車、新車販売メインで消費行動が促進されてるので修理という概念は年々減る。

日本でも今後もさらに減少が予測される仕事。

1234
3 / 4 ページ
可能性が見えてくる
【必読の一覧表】
>>年齢で選ぶ転職エージェント5選<<

何か共感いただけましたらご周囲の方へお知らせください