1. ホーム
  2. 50代
  3. ≫貯金なし50歳で退職アルバイト生活とFXで生計をたてる現実

貯金なし50歳で退職アルバイト生活とFXで生計をたてる現実

定年まで働く意味あるのか?

50歳で20年勤務した会社を退職。形式上は依願退職ですが実質は経営難によるリストラの一貫。これが現実だとおもってます。一応私も早期退職の部類になるとは思います。

退職金は今後の生活に不安の無いレベルのものではなくいいところ半年も生活できればいいかなくらいの金額です。もともとが手取りで月収37万円程度。退職金は税引き後で470万円ほど。

可能性が見えてくる
【必読の一覧表】
>>年齢で選ぶ転職エージェント5選<<

退職後の職探し

長らく務めた仕事と職場。これらとの別れはなにかぽっかり心に穴が開いたような気分でした。しかし、毎日行くところもなく家でのんびりしたり家内と一緒に過ごす時間を持てたりすることでしばし心の休憩のような時間が過ぎて行きました。

職安に通いつつもなかなか満足のいく給料を得られる仕事はなく、贅沢はいってられないのですが50歳という年齢。

50代でシルバー職のアルバイトにつくのも現実的には生活を考えると不安になります。シルバー職ならいくつか採用してもらえそうなtころがある感じでした。

それでも生活費は目減りする

生活費として退職金とわずかな貯金を食いつぶしながら3ヶ月が経過します。

貯金と言っても子供の学費やらなんやらで退職時に手元にあったのは100万円にも見たない額です。50歳で貯金なしといったところです。

持ち家なので子どもたちの協力でなんとか生活は出来ていますが、とりあえず月に5万でも10万でも自分で稼がないことには先が不安でしかたなく感じてきました。

コンビニのアルバイトで今後を考える時間を持つ

最近は近所の国道沿いにいくつか新しいコンビニができてアルバイトの募集が活発だったこともあり、時給870円の深夜バイトに就くことになりました。

夜23:00から翌朝6時までの7時間勤務です。

アルバイトの月収は10万円を少し超えるほど。

サラリーマン時代の月収37万円(手取り)には程遠く、今までどおりの生活はおろか食費や様々な生活費を切り詰めながらの生活になりました。アルバイトしながらも時間には余裕があったので午前中に寝て昼間はインターネットで他の仕事を探したり小遣い稼ぎの方法などを調べ事をしたりしていました。

現実は厳しいです。

ちなみにアルバイトはネットで探しました。

家の近所じゃなければ時給1000円超えるところもあったのですが、近所で続きそうなところで探しました。年齢不問で未経験可のバイトがけっこう見つけることが出来るので私のような境遇の方はネットで探してみるといいですよ。

バイトしてるだけでも気分はずいぶん楽になります。深夜バイトなので変に忙しくないので体力的には助かっています。コンビニも昼間は忙しいですからね。

昼間は明るい時間にいろんな勉強をしています。

副業的なアルバイト

さすがにコンビニのアルバイトだけでは生活が成り立ちません。

そのためこういった自宅で出来る副業的なアルバイトもしています。アルバイトというか個人事業のようなものです。会社勤め時代とちがって申告するほどは稼いでいないのでそのまま報酬を頂いてます。月に8万円ほどですが、マイペースで出来るのでいずれはこちらの専業になってもいいかなと考えることもあります。

ただ、私はあまりパソコンが得意ではないのでパソコン慣れしてる方にはこういう方法も生きるための選択肢として知っておくべきかと思います。

50歳からはじめる副業未経験でも時給1000円の副収入を稼ぐ自宅バイト

 

続いては

あまりオススメするものではありませんが、投資です。

生きるために、、とはじめましたが簡単ではありません。

先に結果を申しますとFXは失敗しました。

FXとの出会い

ここからはちょっと下世話な話になります。

以前職場で部下だった青年とFacebookで繋がりを持ち、最近はFXで為替のトレードをしていると聞かされ、同時に彼のブログを教えてもらいました。

彼はこれといって優秀な社員ではなかったのですが38歳で退職後、アフィリエイトなどのインターネットビジネスを研究して生計を立てているという話を聞きました。

そして元手の資金30万円を用意してFXを始めたそうです。

元金30万円が半年で400万円に

彼がFXを始めたのはアベノミクスによる経済効果で円安が進み始めた2014年の途中。

タイミングのおかげもあって、あっという間に資産が10倍以上になったそうです。資金が100万円を超えた当たりからは資金管理に注視しながら損をしないトレード手法に変え1日平均で1万円~3万円程度の利益をとれればOKというスタイルでトレードしているそうです。それでも月収はFXだけで50万円~70万円程度になるのでサラリーマン時代よりは精神的にリラックスして日々を過ごしてますという話だった。

こういう話を聞くと、私自身もアルバイトで長時間とられるよりも、人生の中で得た「少しの休暇」にあたる「今の時間」をこういった将来の収益に繋がる勉強にあてたほうがいいのではないかと考えるようになりました。

彼は少なくとも会社員時代、社内で「優秀」とはいえない社員でした。

そんな人間でも生きる場所が変わればそれに見合った収入を得ている現実にどこか嫉妬してしまった私です。

嫉妬した分、勉強をします。

FX口座を開設して勉強に励む

彼のブログをもとにいろいろ調べた結果、クリック証券という業者に口座を作り最初に30万円を入金しました。この口座は初心者でもわかりやすく、スマートフォン用のアプリがとても見やすくて使いやすいです。そんなトレード環境を持ち歩き出来るためアルバイトで深夜に外出する私には好都合でした。

勉強のためAmazonでトレーダーの心構えの書籍を購入したり彼に教えてもらったデイトレーダーの教科書的な教材を購入したりで元金以外に3万円ほど勉強代として投資しました。

 

FX教本はいろいろ買いましたが、これは株や先物など全てのトレーダーが持つべき心構えを記した書籍で参考になります。

FX開始後2ヶ月が経過しましたが、今はギリギリ損はしていない状態です。

相場が自分にあってる日には1日1万円~2万円は利益が出ます。しかしながら相場は日々全く違う動きをします。なので損益だけの日もあるため月間トータルではプラス1万円~2万円といった感じの現状です。

もちろん負ける日もあります。

彼に言わせれば始めたばかりで利益が2ヶ月も続く人はほとんどいないので絶対に続けるべきだと言います。たしかに書籍などを読んでも最初は損をするものだと書いてますし自分も勝手にそう思ってました。

初めてのFXという「ギャンブル性」すら感じるトレードの世界ですが、しっかりと書籍を読んだり長い社会人生活で身につけた生活上の規律を自分にあてはめて取り組めば大きな損をするようなものではないように感じます。

なのでこれは「ギャンブルではない」と思いながら無理しない程度に継続していこうと思っています。

コンビニのアルバイトは今も継続してるのでFXからの取り分(税率20%ほどを差し引いた金額)がある程度の見込みを持てるようになれば今後の生活、人生もいろんな方向性が見えてくるように感じております。

まだまだ不透明です。

あくまでも希望です。

社会に飛び出すと、この年齢でも不安だらけです。

在職時の給与があれば、もっと勝負できたのに、、と思うところが心残りです。

 

PS)追記分

結局FXは2年間継続しましたが、一向にお金は増えずやめました

そしてそれを教えてくれた彼もまた撃沈。

彼もFXは失敗に終わったようです。。

一時的には勝てても長く続かないようです。

40代のうちに転職すればよかったと後悔

40代なら40代向けの転職サイトを使うことで、まだ間に合った転職ですが、50歳過ぎますとさすがに、もうまにあいません。

私は今、バイト生活とライター職で生計を立てております。

先程も書きましたが、

50代でバイトだけではしんどいです。

せめてもの自己成長を、、と考え最近はホームページの作成なんかも勉強しております。

可能性が見えてくる
【必読の一覧表】
>>年齢で選ぶ転職エージェント5選<<

何か共感いただけましたらご周囲の方へお知らせください