1. ホーム
  2. 50代
  3. ≫50歳の転職は難しい50歳無職から再就職は不可能と考えて対策するべし

50歳の転職は難しい50歳無職から再就職は不可能と考えて対策するべし

人生100年時代、定年退職後の年金も受給が70歳からに先延ばしされました。

今50歳の私

仕事の無くなった私はこの先どうやってさらに50年を生きていけばいいのだろう?

年収UPの可能性が見えてくる
40代50代からの転職にも選ばれています
50歳の転職は難しい先の長い人生を考える

誰も教えてくれない中高年の貧困

老後の貧困が注目されているが、本当にピンチなのは我々50歳前後の「職なし貧困」ではなかろうか?

50歳で無職、それはわりと一般化している現実でもあるようです。

そんな現実に目を向けると日々不安が募るだけなので、

まずは50歳で転職を考えた場合の事例を調べてみました。

40歳前半で将来を見据え早期退職しましたが50歳になり、独立後の事業がうまく波にのれず廃業。再就職するにも募集要項の年齢制限でエントリーすら出来ない。

 

48歳のDさんは、2年ほど前に、精神的肉体的な過労が原因で、会社を退職せざるを得なくなった。その後も、仕事ができず、自己破産。いまは「障がい年金」で暮らしている。

「空白の期間を持つと、再就職は本当に難しい」

http://diamond.jp/articles/-/25090?page=4

 

「1年間に300社以上応募し続けたものの、採用されることはありませんでした。郊外に購入していた持ち家も売却し、ボロボロになって疲れてしまいました‥‥」(C氏)

https://www.asagei.com/excerpt/13181

 

40代50代は、家族など負うものが大きいのに、一度失業してしまうと正社員採用されるのは、ほぼ絶望的な世の中

日本政府は中高年の一家心中を推奨しているかのようだ

http://nestofowl.blog.fc2.com/blog-entry-10.html

 

ネットで見つかる50代の離職と現実は見れば見るほど気持ちが重たくなります。

 

いつからこんな世の中になったのか。。

真面目に、誠実に暮らしていれば幸せになれる

そう信じて生きてきただけ。

 

しかし、その先にあった現実は

真面目なだけでは誰も救えない現実

真面目なだけでは誰も求めてくれない現実

そんな社会が待っていただけでした。

 

真面目さには自身がある50歳の挑戦

周囲を見渡せば、50歳で離職すれば生き地獄しか残されてないような情報が多い。

しかし、SNSなどで50代の生き方を探してみると、意外なほど前向きな人も少なくない。

我々が20代とか若い世代の頃は資格があるかどうか?で就職に有利に働いた。でも今2018年は違う。2020年には不足すると言われるプログラマーの人員不足。ここに照準をあわせて勉強すれば年齢不問の仕事はいくらでもある。そもそも、エンジニアの世界に年齢制限は無いので技術さえ身につければ、手持ちのパソコンでRubyやPythonといった今受注の多い言語を学ぶことで半年後にはサラリーマン時代を超える月収を受ける人さえいる。

そんな意気揚々とした投稿をしていたNさん。

もとは飲食産業でホールスタッフを転々としていたようだ。

プログラミングというと理系の人間じゃないと無理そうな、習得するのに小難しい印象があるが、実際はプログラミング学習はすべて覚える必要がないぶん簡単だという。

プログラミング学習をするさいに初心者が気をつけたいのは「最初から完璧に覚える」を求めないことだという。未経験の初心者でも覚えやすい勉強コースはかなり確立されているので、小難しい言語やルールを細かく覚えるよりも、まずは写経の精神が大事。

プログラムコードを練習目安にあるとおりひたすら手打ちで書いていけば、実は誰だって数ヶ月でプログラミングの仕事が出来るレベルになる。だって、ホールで酒のあてを配っていた私でもかけるんですから(笑)

Nさんのプログラミング勉強法

Nさんは2016年からプログラミングの勉強を始めた。

48歳で勉強開始

独学では限界があると感じ短期のプログラミングスクールへ申し込む。

半年の勉強期間を経てスクールからの紹介で初受注。

以降フリーランスエンジニアとして新たな人生を歩む。

現在51歳、仕事は増える一方だという。

Nさんの選んだプログラミングスクール

フルオーダーメイドのカリキュラム作成できるエンジニア塾【Samurai】

オンラインで申し込みできるプログラミングスクールは増えつつあるが、50歳からの活躍を視野にスクールを選ぶならコツが有る。

ただ言語学習に時間と費用を費やすだけなら低コストなスクールもある。

しかし最終目的が仕事の受注、生活費の確保であるなら話は変わる。

スクールでの学習が終わり就職支援や仕事の受発注を支援してくれる流れに強いスクールを選ばないと目指す先の生活は達成しにくい。

そういった事情もあり、Nさんは受講中にも仕事の受注を受けれるという実益のあるスクールを選んだ。

それがこちらフルオーダーメイドのカリキュラム作成できるエンジニア塾【Samurai】

今なら無料体験もあるのでこの先の人生に少しでも不安があるなら、ぜひ試してみたい学習です。

ひとつの事例が全てではない

最後に、

50歳で転職や再就職を考えた場合、現実はどこにも生きる道標は見えない。

しかし、現代社会における人手不足が起きている業界、IT業界に限って言えば、年齢不問で実務を請け負うフリーランスという生き方で働き方は広く増えつつある。

ここに年齢をきにせずチャレンジできるかどうか?は先に続く人生を安定的に過ごすためにも重要な生き方の選択肢となりそうです。

年収UPの可能性が見えてくる
【必読の一覧表】
>>年齢で選ぶ転職エージェント5選<<

何か共感いただけましたらご周囲の方へお知らせください